税金

会社経営

もう納税のために銀行に行かなくていい!国税はダイレクト納税。

銀行の窓口で納付するのは無駄とリスクがある 納税のために銀...
確定申告

確定申告書に支払調書の添付は不要。なくても申告できます

フリーランスは取引先から支払調書を受け取ることがあります。 ...
税金

振替納税を利用しているフリーランスは注意!引っ越したら改めて手続きが必要かもしれません

個人事業主で振替納税を利用している人は少なくないと思います。...
税金

年末調整でありがちな間違え。それは年末調整では反映できませんよ

そろそろ年末調整が山場を迎える時期です。 年末調整...
生活ネタ

共働きでも育児休業給付金をもらっているなら所得税の扶養になれるかもしれませんよ。

私はいままで妻を所得税の扶養にしていませんでしたが、...
住宅関係

だれでも40万円もどってくるわけではない!住宅ローン控除の注意点

ローンを組んで家を買うと、住宅ローン控除が受...
ふるさと納税

やり方を間違えると全く意味がない?ふるさと納税でありがちな勘違い

数年前から話題になっているふるさと納税が注目されてい...
税金

税金は分割で納付できる。払えないから放置していると財産を差し押さえられる

法人税や所得税を全額納付できないときは分割で納付する...
税金

赤字でも消費税の納税が出るのはなぜか?

日本は黒字より赤字の法人のほうが多く、赤字の割合は7...
投資

iDeCoはあくまで投資。節税になるからと全力でやらない!

イデコにはメリット、デメリットがあるが将来設計や現在の状況を踏まえて利用しましょう。将来家を買い住宅ローン控除がある人や扶養控除、小規模企業共済などの恩恵を受けている人はデメリットしかないかも。掛け金が全額所得控除になることを目的にするのはオススメしません。
確定申告

期限後でも大丈夫!還付なら今からでも確定申告してみてはいかがでしょう

会社員は年末調整すれば確定申告不要。退職後再就職していない、住宅ローン控除が受けられるなどの人は確定申告すると税金が戻ってくる可能性があります。期限後の申告であっても受け付けてくれる。ペナルティはかかりません。さらに住民税も戻って来ます。諦めずに申告してみてはどうでしょう。
税金

納期の特例を使えば住民税の納付は半年に一度でOK!

給与の支給人員が常時10人未満の場合 源泉所得税を...
タイトルとURLをコピーしました