掃除も仕事もまとめてやらずに普段からこまめにやったほうが楽

スポンサーリンク

昨年の12月29日から私の実家に家族3人で帰省しました。
実家では、タイミング悪く(?)大掃除をしていたので私も少しだけ手伝いました。

大掃除にまとめてやると大変

大掃除の手伝いと言ってもほとんど終わっていました。
私はあとの方に残っていたコンロにこびり付いて固まった汚れを落としました。

溜まった汚れはなかなか落ちない

コンロの汚れって年末にきれいにしようとしても、油汚れやこげつきが固まってしまってなかなか落ちませんよね。
洗剤で拭いて落ちるようなレベルではないので、専用の道具で削ったりメラミンスポンジでこすったりしました。
数十分かけて何とか遠目には汚れが目立たないくらいになりました。

こまめに掃除するとラク

実家の大掃除は手伝いましたが、我が家はまだ住みはじめて数か月でそれほど汚れていないので、大掃除はしませんでした。

数か月しか住んでなくてもキッチンや水回りは普段から使うので汚れます。
ただ、こまめに掃除しているので大きな汚れはありません。
キッチンは妻が3日に一度くらいの頻度でコンロまわりや五徳を洗ってくれています。

洗いにくい五徳は食洗器に入れているので洗う手間がありません。
定期的に洗えば食洗器で十分キレイになります。
コンロまわりも汚れてもすぐに拭くだけでキレイになります。
何か月も置いてしまうとこびり付いてなかなか落ちません。

年末などにまとめてキレイにするより、普段からこまめに掃除したほうが結果的に手入れが楽です。

仕事もこまめにやったほうが負担が軽くなる

コンロの掃除のように、仕事でもまとめてやらずにこまめにやったほうが負担が少ないことがあります。

たとえば、私の税理士業務だと「支払調書」の作成業務があります。
これは、お客様である事業者が一年間(1月~12月)の間で、(一定の要件も満たす)誰かとどんな内容のいくらの取引があったかをまとめて税務署に提出します。
12月中の取引が分からないと作成できないのに年明け1月中に提出しないといけないため、年明けはこの支払調書の作成に追われます。

では、支払調書は、12月の取引が分からないと完成しないからといって1月まで何もできないのでしょうか?
そんなことはありません。

年の途中で支払いがあれば、年明けに支払調書を作成する必要があるかもしれないことはわかります。
なので、支払いがあったタイミングで必要な情報(支払先の住所やマイナンバーなど)を確認したり、1年間に支払った金額の集計をしはじめることができます。

ミスすると余計に時間がかかる

普段のちょっと時間があるときに集計したり、集計表をあらかじめ作成しておき支払いがあった都度集計表に記載しておけば提出期限直前にまとめてやらなくてすみます。

それに直前にあせってやるとミスをしやすくなります。
ミスしても再提出することもできますが、ミスは信用問題になりますし、再度作成するのは結構な手間です。
ただでさえ繁忙期で時間がないので、この時期のやり直しは泣きたくなります・・・

やること(年明け1月に支払調書作成する)が分かっているのだから、それに向けてできること(情報収集や集計)をできるうちにやっておけば1月の負担を軽減できます。

スポンサーリンク

【編集後記】
毎度のことですが実家にいくとダラダラしてしまいます。
まだなんとなくボー、としています。
はやく日常に戻らないと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする