短所は考え方によっては長所になり得る

スポンサーリンク
最近、自分の長所や短所を洗い出す作業をしています。
(なぜかはご想像におまかせします)

長所と言われてもなかなか出てきませんが、短所なら次々と思い浮かびます。

短所は気がつきやすい

長所と短所を考えていると、「これが長所だ!」といえるものはなかなか浮かばないのですが、逆に短所は気がつきやすいです。

「自分はこういう人になりたい」「こんな人に憧れている」という理想があって、
自分の短所がその理想とかけ離れていると特に・・・

私ならたとえば、細かいミスをすること。
このブログを書いていても、見直すと接続詞がおかしかったり変換ミスがあります。

また、仕事をしていても数字を逆に入力していたり、入力する箇所を間違えたりすることがあります。
ちゃんと確認するので間違った状態で終わらせることはしませんし、ミスしても気がつくように工夫はしています。

短所を「弱点」や「苦手なこと(人)」と考えるともっと出てきます。

短所をカバーすれば長所にもなりえる

短所だと理解していれば、短所をカバーすることで逆に長所になるかもしれません。

たとえば、仕事をしていてあまり重要ではない細かい点が気になってしまい、時間がかかってしまう。
という性格が短所だと思っている場合。

短所だと自覚していていれば次のように対策が考えられます。
・この仕事は絶対に○○分(○時間)で終わらせる。
・決まった時間に終わらせるには、こういった段取りで進める。
・重要なこれとこれだけはしっかり確認。

このように仕事を進めれば、結果的に効率よく仕事を進められ短所が長所になります。

生まれ持った性格やクセをなおすのは難しいですが、どう付き合っていくか考えれば良い方向に持っていけます。

スポンサーリンク

【編集後記】
2日前にコーラを数年ぶりに飲んだらなんだか体調が悪いです。
最近は炭酸といえば炭酸水(と、ビール)くらいしか飲まなかったので身体が受け付けなくなったのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする