早起きや運動よりも体調管理が優先。コンディションが悪いと仕事の効率も悪くなる

日常で感じること

なんかだるいなと思ったら睡眠時間を削らない

先日ランニングを再開させた記事を書きました。

ランニング再開。ブログもランニングもできる範囲でやってみる

久しぶりに走るのでモチベーションが高く少し眠くても早く起きて朝から走っていました。

調子に乗って張り切った結果、3連休が明けた10月10日に風邪をひいてしまいました。
長引いてしまいやっと今日治りました。
(まだちょっと咳や鼻でますが)

疲れていたり、体調が良くないのに早起きやランニングは後回しです。
とにかく少しでも寝て体調を良くすることが優先です。

体調不良や寝不足だと効率が悪い

風邪をひくと頭がボーっとします。
また、鼻水やくしゃみが止まらなかったり咳が出たりと全然仕事に集中できません。
集中できないので作業の効率が悪く、思うように仕事が進みません。

徹夜はもっとダメ

大学生から20代前半の頃は徹夜で遊んでも仮眠をとればその日は乗り切れました。
でも今は体力がなくてダメですね。
2年前に大学院に通っているときに徹夜した体験から絶対徹夜で仕事したらダメだなと思いました。

大学院時代に、論文の提出が間に合わないので徹夜して作業しました。
論文提出締切は1月第2週の土曜日の午前中です。
論文は形になりつつありましたが提出する週の水曜日の段階でまだ終わっていませんでした。

何とか間に合わせないといけないので水曜日は徹夜しそのまま寝ずに木曜日も夜まで作業しました。
でも17時くらいに頭が働かなくなり、地面がぐらぐら揺れている感覚になりました。
「これはヤバイ」と思いその日は寝ました。

そして金曜日、目覚めて徹夜の成果を見てみると、文章はめちゃくちゃだし誤字だらけ。
結局金曜日も修正に追われてなんとかぎりぎり土曜日(の締切30分前)に提出できました。

徹夜が心身に与える影響は当然良くないですしそこまでして作業しても大した成果を得られませんでした。
考えているようでいて頭は全然動いていないので徹夜で仕事するのではなく翌日に繰り越して、早く寝たほうが正確で効率的です。

お客様の申告や税額に関わる作業ならなおさら徹夜でやるべきではないです。

まとめ

プロとして体調管理は基本だと思います。
常にベストコンディションでいるのは難しいですが、出来るだけ良い状態でいられるように普段の生活を考えたいです。

「寝不足でも頑張っている俺すごい」アピールなんかいりませんし、私ならあまり信用しません。
「オールで飲み明かして二日酔いの状態で決算書作りました!」、なんてとてもお客様に言えませんし、それで税額を間違えていたら冗談で済まされないですよね。


【編集後記】
娘は昨日から離乳食開始。
まだ葛を数口食べる程度で食事してる感じはありません。
アレルギーがないといいな。

タイトルとURLをコピーしました