批判されることは悪いことだけではない

日常で感じること

人はそれぞれ考え方や大切にしているものが違います。
なのでときには批判されることもあります。

批判されることは気持ちがいいものではないです。
ただ、いいことでもあります。

考え方の違いに気がつく

批判されるということは、相手と自分の考え方が違うからです。
なので、批判を受けると「なるほど、そう感じていたのか」
と感じることが多いです。
そこで自分にない考え方や価値観に触れることができます。
とはいえ、批判されてるわけですから
相手との関係性によって受け止め方は違います。

何のための批判なのか

批判する側はするなりの理由があるはずです。
相手のためを思って、ここで言っておかないと!ということもあります。
絶対に間違ったことををしたときは、批判や指摘してくるのはありがたいことです。
批判する方も決して乗り気ではないでしょうから
それなのに苦言を呈してくれるのは感謝です。
そういう人とは、大体その前から良い関係性が築けています。

そうではなく、自分の考えを押し付けたかったり、立場をはっきりさせるための場合もあります。
あるいは関係性を断ちたいからとか。
要するに相手ではなく、自分のために言っているだけです。
そういう人は、過去の言動と矛盾したり主観的なことを言います。

相手を尊重しているか

批判するということは、相手が間違っている。自分が正しいと思っているからです。
相手と自分の意見が違うときに相手の考えを尊重することも大切です。
「あなたの意見は理解できる。ただ、私は違ってこう考えている。なぜなら・・・だから。どう思うかな?」
お互いにこのようなスタンスなら相手の意見を尊重しつつ、なぜ違う考え方になるのか
冷静に理解できますし、非常に建設的な話し合いが出来るはずです。

まとめ

人と意見が違い、何か言われるのは避けられません。
ただ、新しい考え方に触れる機会にもなります。
別に全てを受け入れる必要はありません(個人的意見であることも多いので
むしろ受け流すことべき)が、そういう考えもあるよね。という気づきがあります。
また、自分を思ってちゃんと言ってくれる人とは、大切にしたいものです。

【編集後記】
プレミアムモルツの黒を初めて飲んでみました。
ほかの黒ビールとの違いがいまいちわかりません・・・
批判しているわけではなく、私がバカ舌なだけです笑
いまだに発泡酒とビールの味の違いも分かりません。
分かる人は本当に見事に違いを言い当てるのですごいですよね。
これも私だけ?笑

タイトルとURLをコピーしました