お金を貯めたければレシートを貯めこまない!経費は翌日までに処理する

経理

先日、個人事業主の友人と数カ月ぶりに会い、ランチをしました。
お互いに環境の変化があり、近況を報告しあったのですが友人から、「実は、まだ去年(平成28年)の確定申告していないんだよね・・・」という話がありました。(おいおい笑)

経費の集計が遅れれば申告が遅れる

話を聞いてみると、申告できていない主な原因は忙しくてレシートや領収書の整理ができていなくて経費の集計が終わっていないからでした。
忙しくて経費の集計を後回しにしてしまうのは良く聞く話です。

「いつかやろう!」と思っているうちにレシートや領収書がたまってしまいそのうち見るのも嫌になり結局やらない。
だからこそ、経費は翌日までに処理することをオススメします。

レシートは遅くとも翌日には処理する

経費はできればその日のうちに遅くとも翌日までには処理することをオススメします。

すぐに処理する効果として

・量が少ないので精神的負担が減る。
・毎日やることで今月(今年)どれくらい費用がかかっているか感覚で分かる。
・無駄な経費があればすぐに気づける。
などがあります。

特にフリーランスやひとり社長は、身をもってお金の動きを把握すべきです。
こういう人たちは、無駄なお金が出ていっていないかを知ることが大切です。

プライベートなお金でも同じ

レシートをすぐに処理したほうがいいのはプライベートなお金でも同じです。
今日使った分を家計簿に残すことで週、月、年で何にどれだけ払っているか知ることで家計の無駄が見つかります。

私も毎晩、財布からレシートを抜き出し、寝る前に家計簿アプリのマネーフォワードに入力しています。
レシートがなくなってすっきりした財布を見るのは爽快です。
(あまり現金が入っていないのでいつもすっきりしていますが笑)

そんな私も昔は財布に一月分くらいのレシートを平気で貯めていました。
お金に無頓着だったのです。
お金の管理をしていなかったので、当然全然貯金がありませんでした。
毎晩家計簿をつけるようになった今では毎月わずかですが貯まるようになりました。

まとめ

レシートや領収書をまとめて処理しようとすると、後はつらくなります。
日々何にお金を使っているのか把握ができないので無駄が経費がないかもわかりません。

毎日の終わりや始まりに経費処理することで無駄がないか振り返る機会にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました