東京~長野間で新幹線に乗るなら「お先にトクだ値」がお得!

スポンサーリンク

東京~長野間で新幹線に乗るならえきねっとの「お先にトクだ値」がおすすめです。

「お先にトクだ値」がお得

実家が長野市なので、実家に帰るたびに新幹線を使っています。
東京~長野間の現在の通常料金は8,200円です。
現在のように金沢~長野間が開通する前、長野が終点だったころはもう少し安かったかと。
当時から色々と安く乗れる方法を探していました。

学生のころは学割を使っていました。
社会人になってからは、金券ショップで回数券を買っていました。

金券ショップだと7,500円~7,800円で回数券が買えます。
東京~長野間の指定席料金は通常8,200円なので多少は割安です。
ただし、お盆前後や年末年始は回数券が使えません。

社会人になってからは特別なことがない限り、実家に帰るといえばお盆とお正月くらいですので通常の料金で利用していました。

最大35%の割引

安く乗れる方法を探していながら、最近まで知らなかったのが「お先にトクだ値」です。

えきねっと限定の割引きっぷ えきねっとトクだ値

なんと、えきねっと会員限定でインターネット予約専用です。
最大35%割(30%割または35%割)できっぷが買えます。

えきねっとはこちらでも紹介しています。
新幹線の切符はネットと券売機で並ばずに買える!

8,200円の指定席が5,330円と、とんでもなく安い金額で利用できます。
ちゃんとJRが提供している正規のサービスなのでびっくりです。

乗車日1カ月前の午前10時から販売開始になり、乗車日13日前の午前1時40分まで申し込めます。
ただ、席数に限りがあるので13日前まで残っていることはないでしょう。

申し込みはお早めに

実は来月、夫婦で長野に行く用事があるので初めて利用してみました。
ちょうど今日が発売日でした。
大型連休の時期でもないのですぐに売り切れることはないと思っていましたが
申し込んだ時点で残りわずかでした。

魅力的だが注意点も

35%の割引は非常に魅力的ですが、注意すべき点もあります。

発売していない時期も

いつでも販売しているわけではないようです。
たとえば2017年12月29日(金)~31日(日)の下り、2018年1月2日(火)~4日(木)の上りについては「お先にトクだ値」の設定はありませんでした。

「えきねっとトクだ値」という10%割または15%割できっぷが買える制度があるのでそちらを利用する手もあります。
こちらも人気ですぐに売り切れてしまうのですが。

北陸新幹線は「あさま」しか設定されていない

長野を通る北陸新幹線にはいくつかの運行タイプがあります。
東京~金沢間を運行する「かがやき」や「はくたか」、東京~長野間を運行する「あさま」などがあります。
このうち、「お先にトクだ値」が設定されるのは、あさまだけです。
かがやきやはくたかも長野駅に停まりますが、「えきねっとトクだ値」しか設定されていません。

○まとめ
「お先にトクだ値」はお得ですが、人気があるので争奪戦です。
区間や車両、時期など制限もありますが条件が合うかたはぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

【編集後記】
年が明けてから娘の食欲に異変が。
いままで離乳食を食べようとしなかったのですが、いまではスプーンを差し出すと自分から口に持っていきます。
年末年始にいろんな人に会って感化されたのでしょうか。
とにかく食べてくれるようになって良かったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする