新幹線の切符はネットと券売機で並ばずに買える!

スポンサーリンク

帰宅途中に緑の窓口のそばを通ったら長蛇の列が出来ていました。
20~30人くらい並んでいたと思います。
お盆の帰省、旅行シーズンに入るので新幹線やレンタカーの手配だと思います。

新幹線の切符を買うために並ぶ時間がもったいない

GWや夏休み、年末休みの前になるとみどりの窓口に行列が出来るのはおなじみの光景ですね。

私はあまり並ぶのが好きではないです。
待っている時間でできることは限られるので時間がもったいないかなと。
なので基本的に並ぶ場所にはいきません。
(ネズミや黄色いクマさんが待っている某テーマパークは別です)

ちなみに学生時代は学割で買っていましたが、学割を受けるには学割申請書書いて窓口にいかないとダメなんですよね。
学生証明を提出するので対面でないとできないのは理解できるのですが、券売機で買えるようにならないのでしょうか。

切符は券売機で購入できる

新幹線の切符はみどりの窓口だけでなく券売機でも購入できます。
普通の券売機ではなく「指定席券売機」などと書いてあり見た目が明らかに異なる券売機です。

私は学生時代を除き、ずっと券売機で購入しています。
みどりの窓口のすぐ隣においてあることもありますが、窓口がすごく混んでいるのに券売機はがらがらなんてこと場面も見ます。

購入方法は、パネルを操作するだけで複雑なことはありません。
出発時間はもちろんのこと、車両番号や座席も細かく指定ができますので一言もしゃべらずに希望の席を確保できます。
指定席や自由席、大人の休日倶楽部割引きっぷ、回数券も購入できるので窓口とほぼ同じ機能を備えているのではないでしょうか。

支払いはすべての手続きが終わった一番最後なので、間違ってお金を取られてしまう心配はありません。
(万が一間違えた時は数百円の手数料で払い戻せます)
また、現金、クレジットカードでも購入できるので現金派の人でも安心して使えます。

えきねっとでもっと快適に

券売機は便利ですが、営業時間のその場にいないと買えません。
当たり前ですね。
でも、仕事や用事があって営業時間に行けない、ということもあります。
家にいながら買えれば便利ですよね。
そんなときは「えきねっと」を利用しましょう。

えきねっとはJR東日本が運営する新幹線や特急列車をネットで予約できるサイトです。
えきねっと
会員登録が必要ですが登録料や利用料はかかりません。

えきねっとで購入手続きをすれば、あとは券売機で受け取るだけです。
好きな時に好きな場所で切符を買うことができるのでとても便利です。
購入は発車の1か月前から可能です。
特にGWや夏休み、年末休みの時期は直前では席が取れないこともあるのでネットを使って早めに予約しておくと良いです。

特に、希望の席や車両があるときはネットで予約したほうが便利です。
たとえば、乳児がいる場合は授乳室が近い車両のほうが便利ですし、通路側に他のお客さんが座っていると、授乳のたびに前を通らなくてはいけません。

すぐに予約すれば授乳室が近い車両で2人掛けの席を確保することも可能です。

なお、えきねっとではJR東日本の新幹線しか予約できません。
私はそのほかの地域を利用したことがないので詳しくありませんがJR東海、JR西日本は「エクスプレス予約」という仕組みがあるようです。

ただしクレジットカードが必要

便利なえきねっとですが、注意点としてクレジットカードがないと購入ができません。
予約時点でクレジットカードを登録し、受け取るときにそのカードを入れて券売機に入れます。

些細な問題かもしれませんが、クレジットカードを持っていない学生さんや現金派の人は利用できません。
そんな人は頑張って早めに券売機に駆け込んで購入しましょう!

まとめ

みどりの窓口の行列をみると新幹線の切符は窓口でしか買えないと思っている人は意外と多いのではないでしょうか。
今回紹介したようにもっと早く、快適に購入する方法があります。
この時期でも券売機はがらがらなので一度使ってみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

【編集後記】
娘がスマホに興味を示しています。
妻がツムツムをやっているといつの間にか覗き込んでいます。
やっぱり動くものに興味があるのでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする